稲森康利ジャズ講座『ジャズ理論』 第5回2013/10/21 21:10

稲森康利ジャズ講座『ジャズ理論』 第5回  2013. 10. 13

「step 2 アレンジ編」に入りました。このテキストの大きな特徴は、理論だけでなく、実際にアレンジする上で必要な技法も述べられていることです。今回はアンティシペーションについて学びました。皆さんそれぞれ課題を楽譜に記入し、稲森先生に見ていただきました。4way closeでハーモナイズしていく作業は、よく注意して集中して行わないと臨時記号をポロポロ落とします。おもわず「いつになったら完璧に書けるようになるのかなあ...」とため息まじりの声をもらす人もいました。
次回11月10日はアプローチノートに進みます。〔茂木〕

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://inamorimethod.asablo.jp/blog/2013/10/21/7250375/tb