稲森康利ジャズ講座『ジャズ理論』第6回2013/11/16 21:12

稲森康利ジャズ講座『ジャズ理論』第6回  2013.11.10

「step 2 アレンジ編」の「アプローチノート」に入りました。ちゃんと予習して課題を記入してきた人もいましたが、突然、稲森先生に記入せずにピアノで弾くようにと言われ、皆さん大いにあせりました! ディミニッシュアプローチかな、クロマチックアプローチかな…などと考えている余裕はないわけです。つっかえながらやっと弾き終わると、稲森先生から「もう一度!」の声がかかります…。楽譜に書けたらおしまいではなく、「音」として把握できなければ意味がないことを再認識したしだいでした。
後半はStep3「リズム」に入りました。
次回12月8日は、Step3応用編の続きです。 (茂木)


コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://inamorimethod.asablo.jp/blog/2013/11/16/7250382/tb