『ジャズ理論』第10回 2014.5.112014/05/19 11:09

稲森康利ジャズ講座『ジャズ理論』第10回  2014.5.11


今回は「ハーモナイズの新しい約束」、テンションを使ったハーモナイズを学習しました。テンションを適切に使えば声部の流れがスムーズになり、ニュアンスにとんだ響きが得られまず。講座使用テキストの中でも特に難しい部分です。今まで学習した事柄のほかに細かい約束事が追加されたので、練習問題のハーモナイズには皆さんかなり時間がかかりました。しかも、それを稲森先生に添削していただくと、学習した規則がすべてではないこともわかり、やはり習熟するには曲数をこなすことが必要だと思います。郵送で受講されている方たちには解答をお送りします。テキストは5ページ進んだだけでしたが、正直なところ今回はノートをまとめるのが結構大変です....


レポート:茂木

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://inamorimethod.asablo.jp/blog/2014/05/19/7316429/tb