稲森康利ジャズ講座『ジャズ理論』第12回2014/07/27 22:18

稲森康利ジャズ講座『ジャズ理論』第12回  2014.7.13

本日のお題はマイナースケールです。

この日は、何故かご機嫌の稲森先生の愛猫、チャッピーくんのBGMまで入り楽しいセミナーとなりました。

私達クラシックピアノを専攻した人達にとって、【和声的短音階・旋律的短音階】、という厳しい書き方(なんだかやたら字画が多く難しそうにみえますね)で、ハノンの39番から訳も分からず無理やり覚えさせられた記憶。

カデンツもⅣの代わりに始めからⅡm7の転回型が使われていたため、さらに覚えにくい~~・・・おまけに将来なんの役に立つのかピアノ科の先生に聞くのもはばかられた当時の雰囲気でしたよね、、と、話がそれそうなのでこの話はちょっと今は置いときましょう。。

で、【旋律的短音階】はまだしも、この和製的・・・。あ!だから~ほらあ~違う!!(まったく~それみろって感じですよね)・・・

もしかして私のような緩い知識の人が間違えないようハーモニック~と強調してあるのかもしれません。。なるほど

しかし今更、まさかの【和声的短音階】・・・ハーモニックマイナースケール(なんだかこう書くとカッコいい)という言葉で、今このジャズ理論に登場してくるとは()゜ロ゜)」

お懐かしゅうございます~って感じです。

クラシックではこれが登場する曲ってあまりないというか出てもダサさを強調するような印象なんですね。

10代の頃、なんの役に立つのかわからない全調の音階とアルペジオをまる覚えさせられたため、理屈もわからず、ただひたすら手が覚えてしまっている『スケールの仲間』位の認識でしかないのですが、どうもジャズの世界では、このスケールがドミナントセブンの場面の時にキーマンのように登場してくるようではありませんか~(´・∀・`)ヘーですよね。。まる覚えも無駄じゃなかったかも!?

さてさて、例のごとくダイアトニックコードを積み上げ、4個目の音も積み上げると、おお見えてきた見えてきた~マイナーセブン♭5にメジャーセブンシャープ5・・・

でひととおり稲森先生のご説明が終わると、音符の玉を12のキイで五線にさっさと書き込まねばなりません。。

これがまたできてるつもりが#と♭のつけ方が微妙で結構時間がかかる上、あ~あやっぱり間違っている!!。。

でも、稲森先生は穏やか~なお顔で(内心はきっとため息ですよね。。)ひとりずつ丁寧に『はいはい、ここはダブル♭ですね、うんここはね~こっちの書き方でね』と丁寧に添削してくださるのです。ああもったいないというか豪華です。おまけに私達が四苦八苦している間は稲森先生の洒落たソロピアノが聴けて得した気分❤

にゃごにゃご言っている、チャッピーくんはひょっとして『こらあ~俺の先生をこ~ま~ら~せ~る~な~よ~~ちゃんと~家で~やってこいよ~~』といっているのか
 もしれません・・・(´;ω;`)

へへぇ~いつも出来の悪い生徒ですみません

しかし【自然的短音階】ナチュラルマイナースケールって、ハノンにはは何故入っていなかったのだろう~~( `・ω・) ウーム…知っていたらもうちょっと平行調の理解も興味をもってできたんじゃないだろうかと・・・。思うのは私だけでしょうか?今の音大はどうなんでしょうね、もし昔と変わっていなかったらちょっとまずいんじゃないでしょうか~。

レポート:坂東 仁美
白金高輪ひとみ音楽教室♪  http://www.hitomi-music.com

                    チャッピーくんとクロちゃん

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://inamorimethod.asablo.jp/blog/2014/07/27/7420774/tb