リュシーメソッド第2回公開講座2018/06/30 15:27

リュシーメソッドの第2回公開講座は626日(火)10時半から国立のAIスタジオで行われた。今回のテーマは「ルバート」。稲森訓敏先生からアッチェレランドとリタルダンドの法則を教えていただいた。これに関してはまだ出版されておらず、いただいた資料は、他では手にはいらない貴重なものだ。

リュシーメソッドの講座に初参加の方も多かったので、最初に基本となる3つのアクセント(メトリックアクセント、リズムアクセント、パセティックアクセント)と「リズム」について解説があった。リュシーメソッドでいうところの「リズム」とは「動いて止まる一塊の運動体」で、楽譜に書かれている音群からこの一塊を見つけていくのがフレージングということになる。中心となるアクセントを見つける方法、accel.すべきところと、rit.すべきところの音のかたちが譜例とともに示された。アシスタントのピアニストが適切に実演してくださり、とても分かりやすかった。

資料としてわたされた譜例には、モーツアルトやショパンなどと一緒にブルグミュラーの曲も入っていた。これはおなじみの子供用教材ではあるが、意外にフレージングがわかりにくい曲があり、かつて私はピアニストが演奏している模範演奏CDを買ってみたことがある。ところがやたらに速く弾いているだけで全く役に立たなかった。今回の資料には「シュタイヤ-のおどり(スティリアの女)」が含まれていたが、リュシーメソッドのaccel.rit.の法則に基づくとみごとに魅力的な曲になった。楽譜に書かれたフレージングが必ずしも正しくはないこともわかった。

 

1時間半の講座のあと、2名の方が公開レッスンに臨んだ。最初の受講者はメンデルスゾーン「6つの子供の小品」第1曲を演奏した。まずピアノ奏法について、手首の使い方、タッチなどの指摘があった。訓敏先生は主に重力奏法に基づく指導をされている。ピアノ奏法が適切でなければ、出したい音も出せないから重要だ。これはポピュラーピアノやジャズピアノも同様で、稲森康利先生も腕や上半身の重さを使ったこの奏法で指導されていたのをなつかしく思い出した。

2番目の受講者は東京芸大ピアノ科博士課程に在学中の方で、ベートーベンの「悲愴」をぺータース版で演奏した。会場の受講者にはぺータース版とリュシー版と2種類の楽譜が配布された。ひと目でリュシー版は全く異なるのがわかる。2倍で記譜されている。つまり同じ4分の4拍子でも「ド~ドレ~♭ミ ♭ミ~ レ~」が、「ド~ドレ~♭ミ」と「♭ミ~レ~」とに小節線で区切られる。提示部になると、今度は2分の1で表記され、左手8分音符の連続が、16分音符の連続となる。リュシー版は音楽の構造がはっきり見え、ずっと読みやすいのがよくわかった。

 このように、表現する上で楽譜の訂正が必要な場合がよくある。ポピュラーやジャズ曲も同様で、拍子記号が必ずしも正しくないことについては、イナモリ・メソッド会員に配布される会報の紙上講座で訓敏先生に解説していただいている。        文:茂木千加子



コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://inamorimethod.asablo.jp/blog/2018/06/30/8907186/tb