"Drop 2nd of Diminished Chord" 考え方とその応用2024/02/15 15:05

支部・センター教室zoom勉強会
["Drop 2nd of Diminished Chord" 考え方とその応用]
開催日 2024.2.11 15:30~
出席:赤池、伊藤、阪田、深町、間島、茂木

今回のZoom勉強会は2024年2月11日(日)15時30分~17時に行いました。
この勉強会では、支部やセンター教室の講師などが集まり、交代で研究発表を行っています。
今回の発表は、深町善久さんによる["Drop 2nd of Diminished Chord" 考え方とその応用]です。
"Drop 2nd of Diminished Chord"はドミナント7thに対しDiminishコードを使ったヴォイシングの一例で、稲森先生のアレンジ譜でもよく使用されています。
この転回型を連続して使うと、メロディーが短三度間隔で進むときに応用でき、例えば稲森先生のジャズピアノスタンダード掲載の「Wave」2小節目でも使用されています。演奏自体なかなか難しいのですが、これをセッションなどで即興的に使用するためにはどのようにして練習したらよいか、という難題に対して深町さんは一つのアイディアを示されました。つまり上部の3声がメジャーのトライアドになっているというところがポイントとなります。

深町さんは、ご自身によるスタンダード曲のアレンジ楽譜とその演奏をたくさんYouTubeに掲載されています。下記はその中の1曲です。ぜひご覧ください。
The Shadow Of Your Smile
https://www.youtube.com/watch?v=v73IaP-T7_M

茂木千加子


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://inamorimethod.asablo.jp/blog/2024/02/15/9674763/tb