吉開社長を悼む2016/12/30 17:42

12月15日、中央アート出版社の吉開狭手臣社長が亡くなりました。
文化的な貢献こそ出版の使命であるという強い信念を持った方でした。
その信念を持って稲森康利先生の著書をたくさん世に出してくださいました。稲森先生と吉開社長の出会いがあってこそ、我々はイナモリ・メソッドによる上質な情報を豊富に得ることができるようになったのです。
中央アート出版社が最初に出版した稲森先生の著作は「ポピュラー・ピアノ・スタディVol.1」(1982年1月)です。実はこの原稿は稲森先生が他の出版社から「ポピュラーピアノ教本を書いてほしい」という依頼を受けて執筆したものでした。40代半ばだった稲森先生は、そのころの日本にはなかった充実した内容のポピュラーピアノ教本にしようと熱意をもって執筆し、原稿の山を出版社に持ち込んだところ、担当編集者は「いやいや、こんなに厚い本ははいらないのです」といい、親指と人差し指の間をほんの少し開いて「こんなものでいいんです」といって出版を断ったそうです。そこで稲森先生は中央アートにこの原稿を持ち込みました。すると吉開社長は即座に「うちはこういうしっかりした本がほしかったのです」と言い、この山のような原稿は「ポピュラー・ピアノ・スタディVol.1」「ポピュラー・ピアノ・スタディVol.2」となりました。
それから30年、稲森康利先生の著作は多い時には年に4~5冊出た時期もあり、120冊に及ぶ著作が生まれました。ジャズ、ポピュラー音楽を学ぶ人たちが受けた恩恵は計り知れないものがあります。
吉開社長のご冥福をお祈りするとともに、そのご努力の成果が実りある形で引き継がれていくように、会員の皆様とともに力を尽くしていきたいと思います。
(茂木千加子)

榎本玲子 My Favorite Songs 20162016/12/10 16:33

毎年クリスマスシーズンに行われる榎本玲子リサイタル(メゾソプラノ)が、今年も12月3日に行われた。このリサイタルは私が知る限り、もう25年以上にわたりほとんど休むことなく開催されている。1部はクラシック、2部はジャズという構成で、稲森康利先生は毎年、ベースの藍澤栄治さんと一緒にジャズピアノを演奏されてきたが、一昨年(2014年)が最後のご出演となった。今年の会場「カーサミア」は、成城のお屋敷の一部を開放した50席ほどの小さなホールで、スタインウェイがあり音響にも配慮されている。
1部は榎本さんによるカルメンのセギディリャ、カヴァレリア・ルスティカーナのアヴェ・マリアなど(ピアノ伴奏:服部容子)のほか、バイオリンやオーボエ(三原隆正)の演奏もあった。甲斐史子(Vi)さんは「チャルダシュ」演奏された。甲斐さんの「チャルダシュ」が稲森先生はお気に入りだったという。
2部では榎本さんが稲森先生がお好きだった「You’ll Never Walk Alone」や稲森先生が作曲された「Beau Soir」(作詞:佐野万里子)を歌われた。今年は青木弘武さんがピアノを担当された。そしてベースの藍澤栄治さんが「Farewell」をベースソロで演奏された。この稲森先生の作品は、かつて何かのリハーサル時に初めて演奏し、藍澤さんはとても気に入って、そのとき手渡されたリードシートを保管されていたという。まさしく題名のようにお別れとなってしまった。稲森先生を悼む心のこもったベース音がずっと耳に残った。
榎本さんはクリスチャンなので来場者は教会の方たちも多く、皆さんで一緒にクリスマスソングを歌うコーナーもあった。暖かで上品なコンサートだった。晩年、このような雰囲気の中で演奏できて稲森先生はお幸せだったことと思う。(茂木)


森健さんのコンサート2016/07/02 23:10

2016年7月(金)、青砥のシンフォニーホールで行われたサマーコンサートを聞いた。前半はクラシック、後半はジャズというなかなかない構成だ。まずピティナコンペティションで金賞を受賞した鳥居大輔さんの達者な演奏でショパンの革命」「幻想即興曲などを楽しんだ。続いて遣田由美子さんがクラリネットを演奏した。クラリネットが演奏するフォーレのシチリアーノやカヴァレリア・ルスティカーナの間奏曲を初めて聞いた。この楽器の音色で聞くと、甘美なメロディーからその輪郭くっきりと浮かびあがってくる。楽器が異なれば、表現の可能性も広がるものだ。

第2部は、森健(p)、木村伸広(b)、平沢清二(dr)のトリオ演奏だった。まず「Everything Happens To Me」。そして次に「シャレード」を演奏する前、森さんは稲森康利先生の思い出を話された。若き日、レッスンを受けるために緊張しながら教室への階段を上っていくと、先生が演奏する美しいピアノが聞こえてきた。ドアの前にずっとたたずんで聞きほれていたという。その曲がシャレードだった。私が先生の教室に通い始めたのも同じころだ。森さんの演奏を聴きながらぐんでしまった。1980年代後半のことだから、もう遥か昔というほかない。続いて「There Is No Greater Love」。クラリネットの遣田さんも参加して「ロシュフォールの恋人たち」。演奏曲目も稲森先生好み。続いてボーカルの渡辺美貴さんが加わり「星に願いを」「ムーンリバー」「ラヴィアンローズ」などを歌い、美しい歌声と華やかな舞台を楽しませてもらった

終演後、ロビーで森さんやベースの木村さんと少しお話しすることができた。森さんは、稲森先生からたくさんのものを得たという。そして観客を楽しませるすべも心得たジャズピアニストとなられた。このコンサートに稲森先生をお連れしたかったと思った。   茂木千加子


森健さんからのメッセージ

第1回リュシーメソッド発表会2016/05/14 21:03

5月14日(金)に杉並公会堂小ホールで行われた稲森訓敏先生主催のリュシーメソッド第1回演奏発表会に行ってきました。稲森訓敏先生は、故稲森康利先生の甥御さんで、イナモリ・メソッド研究会の理事も務めていただいています。

10人の方たちがピアノを演奏しました。出演者は達者にピアノを弾く方たちばかりで、その上で表現法を研究されて今日の発表会に臨まれたわけです。どなたの演奏もきちんと音楽になっていてここちよく、楽しみました。これがリュシーメソッドの威力なのでしょう。曲目はショパンが多く、ラベル、プーランク、リャードフ、モーツァルト、シューマンも。小学校3年生の女の子も演奏しましたが、ピアノも達者、演奏内容もみごとでびっくりです。タイのバンコク在住で通信指導を受けている方も録音で参加。この方はイナモリ・メソッド通信教育でジャズも勉強中です。

休憩後は、稲森訓敏先生の渾身の指揮で女声合唱組曲「遥かな歩み」を聞きました。この三唱(さぶしょう)という国立音大OGで結成された合唱団が歌うのは、高田三郎作品のみとのことです。

一言で言って「音楽っていいな」と思った演奏会でした。やはり然るべく表現されてこそ音楽なのです。リュシーメソッドは、以前、稲森訓敏先生の講座を受講してフレーズの作り方のお話しを聞きましたが、ルバートの表現に関するものもあるとのこと。各自の感覚的な処理に任されている事柄がどんなふうにメソッド化されているのか、ますます興味が湧いてきました。 

                         文:茂木千加子


リュシーメソッドホームページ
http://homepage3.nifty.com/lussy-method/


東日本大震災募金のご報告2011/05/27 02:48

東日本大震災募金のご報告

イナモリ・メソッド研究会は、3月下旬より東日本大震災募金を行いました。4月30日まで東京本部教室に募金箱を設置、その後もお振込による募金もあり、5月26日に総額27,585円を日本赤十字社に送金しました。皆様、ご協力ありがとうございました。
厳しい日々を過ごされている被災された方々が、少しでもよい状態で生活されますように。一日も早く復興が叶いますように。

東京本部 茂木