東京本部第2回研究会2019/09/17 21:56

昨年末に開催して以来、すっかり間があきましたが9月14日(土)14時から第2回研究会を行いました。参加者は稲森訓敏先生、高石龍さん、O氏(`抜け出して'参加のため氏名伏せます)、茂木の4名でした。

稲森訓敏先生の「メジャーマイナー理論」、今回は具体的にどのように音を組み立てて行くか解説していただきました。メジャーはLydian、マイナーはAeorian使用。付加音を加えた3度、4度、2度重ねの和音とその転回型。しかし開離配分の転回となると難しい...どうやら個々のセンスの問題となるようです。CDでクレア・フィッシャーの「When You Wish Upon A Star」を聞かせていただき、訓敏先生のアレンジ「きよしこの夜」も披露していただきました。いろいろな実例をよく観察すれば理解につながるかもしれません。訓敏先生のメジャーマイナーによるアレンジを入手できます(会員限定配布)。お申込み:inamorimethod@gmail.com

昨年、九州支部の研究・懇親会で深町善久さんが「ジャズピアノスタンダード」から「My Foolish Heart」を分析されましたが、メインの発表内容が興味深いので、今回、紹介させてもらいました。それは「ドミナントセブンをディミニッシュと捉え、Drop2する」という内容です。Dominant7→Diminishはdrop2の他にもバリエーションがあり、発展的に研究する価値がありそうです。

私の研究発表としては、「My Foolish Heart」のイントロに使用されているsusコードについて述べました。Sus4のコード表記を6つ挙げ、それらのVoicingを示し、「My Foolish Heart」のイントロでどのように使われているか説明しました。また、「My Foolish Heart」は1999年に出版されたアレンジのほかに、1982年発行の初版に掲載されたアレンジがあり、これら新旧アレンジを比較しました。旧アレンジも切なさがにじむような素敵なアレンジです。コード進行はほとんど同じですが、新アレンジにはsusと4thコードが多用され、これにより哲学的ともいえる雰囲気を醸しています。

高石さんは、最近、合唱曲を出版されたので、YouTubeにアップされた混声合唱を聞かせていただきました。作品には稲森康利先生の「イントロ&エンディングの技法」からコード進行を取り入れた個所もあるとのこと。コチラ 
O氏には業界の裏話なども聞かせていただきました。
話がつきず、延長して17時半すぎ解散。       (レポート:茂木千加子)

東京本部研究会2019.9
           高石龍 稲森訓敏 茂木千加子(O氏撮影)

今回の発表内容の資料・録音を入手できます。お申込みは研究会まで。

こさかJAZZストリート2019/08/24 23:40

毎年出演しているこさかJAZZストリート。
2019年も皆様の協力で出演させて頂きます。
沢山の方に楽しんで頂けるイベントになっています。是非この機会にお越し下さい。

日時 2019年10月6日 日曜日
場所 大阪商業大学 蒼天ホール
時間 15:00~      
出演 阪田敦子ピアノトリオwith井上弘道

こさかジャズストリート

関西を中心に活躍中のミュージシャンが集結!!
阪田敦子ピアノのホームグラウンドである小阪でご機嫌なメンバーとこさかジャズストリートを盛り上げます。
地元出身の大御所ドラマー名村成一、正統派テナーサックスの井上弘道、個性溢れるベーシスト刀祢直和、そして阪田敦子オリジナル溢れる演奏をお楽しみください!


☆イナモリ・メソッド研究会 阪田敦子教室

九州支部第5回研究・懇親会2019/05/16 22:02

去る2019 年4 月13 日(土)15:00 から、第5 回研究・懇親会アルクカフェ(飯塚市)にて行いました。
参加会員は木下・深町・梶原・松宮の4 名でした。
九州支部第5回懇親会

研究分析曲は「ジャズ・ピアノ・スタンダード」から“Tenderly”です。今回のアナリストは木下進氏です。木下氏は九州支部会員の中で、唯一、稲森康利先生からパーソナルレッスンを受けた会員です。
分析内容は、下記の木下氏の「分析要旨」の手順で行われました。
① 分析に関して、稲森先生がどう考えて編曲したかを考えながら(予測しながら)分析する。
② 特に多く使用されている4thコード(So What コード)に焦点を当てて分析する。
時折、稲森先生のレッスン時に指摘された部分の比較演奏をピアノで実演して戴き、レッスンの内容の濃さ、稲森先生の素晴らしさを感じました。木下氏のアナリーゼは稲森先生の考えを予測しながら分析され、非常に満足するものでした。
そして時折、出席会員の考え、意見もあり、充実した研究・懇親で終了しました。
次回は7 月13 日(土)14:00 からアルクカフェで行います。
                         九州支部長 松宮 敬

※今回の発表内容について、ご希望の方に資料を配布します。


第1回東京本部研究会の感想2019/02/27 13:53

昨年12月に行った第1回東京本部研究会を聴講した研究会会員からのメッセージです。第1回研究会についてはコチラ!

◆本日は、素晴らしい研究会に参加させて頂きまして、大変光栄でした。
 懐かしの稲森泰利先生のレッスン内容をお伺いしたり、耳馴染みの稲森先生独特の和音の響きに触れて、改めてジャズピアノは素敵だなと感じ、また勉強してみたいと思いました。
 今日、Major minor理論を使ったお洒落でモダンな響きに触れたり、メロディックマイナーから生じるスケールやコードの実際、dimコードの様々な使い方など、実際の演奏やアレンジですぐに使いたくなる音楽理論を教えて頂けたので、今後、自分の演奏に応用して行けたらと思います。
 様々なジャズピアニストの演奏を分析し、自分の物になるよう咀嚼し、それを後世に伝えようと奮闘努力なさった稲森先生の偉大さを改めて感じました。
 ぜひ、次回の研究会も参加させてください。━━勝 知代

◆今回は初めて東京本部で聴講させていただき、稲森康利先生と門下の先生方の音楽を肌で感じてきました。
稲森訓敏先生解説のメジャー・マイナー理論は、ジャズだけ聴いているとあまり耳にしないサウンドですが、構造が判りました。また、先生のEmilyのアレンジは、康利先生とフランス近代音楽の綺麗な所を合わせたような感じです。
茂木先生解説のメロディックマイナーから生じるコードは考えた事が有りませんでした。B♭M7(♯5)がM・MスケールにおけるGmの代理コードだと判り勉強になりました。
森先生解説のディミニッシュコードの裏技ですが何か奥が深そうなので、少し分析してみようと思いました。
聴講してみて、未知の音の世界が増大したような感覚です。━━小泉勇夫

.mori19.12


イナモリ・メソッド研究会九州支部第4回懇親会2019/01/20 22:28

1月12日(土)、イナモリ・メソッド研究会九州支部では、今回も松宮敬先生主催の懇親会が飯塚市のアルクカフェで行われました。
今回のテーマは、1999年と2010年発行の「ジャズ・ピアノ・スタンダード」収録の「My Foolish Heart」の分析を私 深町が行い、要点をまとめた物を資料として配布し解説しました。
九州支部第4回懇親会
    梶原 曜子 月脚 賢一 木下 進 松宮 敬 元田 尚子 深町 善久

まず今回も黒本(近年セッションで使用されているジャズ・スタンダード・バイブル)のコード進行と照らし合わせながら比較しました。(稲森先生はキーが”Ab”のため”Bb”に移調し行いました。)
その後、稲森先生のアレンジ本での要点を、松宮先生のコメントを頂きながら進めました。
Upper Structure Triad(U.S.T.)については、稲森先生の「Popular Piano Study Vol.2」に掲載されており使用法を確認しました。また参加者から、「The Lead Sheet Vol.4」は、このU.S.T.と共に4th Intervalによるハーモナイズを使用し現代のジャズ和声を知る曲集(解説付き)となっているのでお薦めしますとの事です。
今回、曲を分析し要点を書き上げる事で、曲をアレンジするための様々な方策を改めて知る事が出来て、さらに深めていく事で今後の演奏に活かしたいと思いました。
最後に、”Diminish Chord のDrop2nd”を曲中で簡単に使用するための練習方法を提示し、実際にPianoで音を出し確認しました。

次回は4月13日(土)。分析曲は今回使用した新版から「Tenderly」に決まりました。稲森先生から直接指導を受けられた木下さんに分析・解説していただく予定ですので、稲森先生の考えが聞けると思うと今からワクワクしています。 
(レポート 深町 善久)

☆お知らせ
今回の発表内容は、第1回東京本部研究会における発表内容といっしょに会員にメールで配布いたします。配布料は1,500円です。
お申込み:070-5550-6737 inamorimethod@gmail.com イナモリ・メソッド研究会