榎本玲子 My Favorite Songs 20162016/12/10 16:33

毎年クリスマスシーズンに行われる榎本玲子リサイタル(メゾソプラノ)が、今年も12月3日に行われた。このリサイタルは私が知る限り、もう25年以上にわたりほとんど休むことなく開催されている。1部はクラシック、2部はジャズという構成で、稲森康利先生は毎年、ベースの藍澤栄治さんと一緒にジャズピアノを演奏されてきたが、一昨年(2014年)が最後のご出演となった。今年の会場「カーサミア」は、成城のお屋敷の一部を開放した50席ほどの小さなホールで、スタインウェイがあり音響にも配慮されている。
1部は榎本さんによるカルメンのセギディリャ、カヴァレリア・ルスティカーナのアヴェ・マリアなど(ピアノ伴奏:服部容子)のほか、バイオリンやオーボエ(三原隆正)の演奏もあった。甲斐史子(Vi)さんは「チャルダシュ」演奏された。甲斐さんの「チャルダシュ」が稲森先生はお気に入りだったという。
2部では榎本さんが稲森先生がお好きだった「You’ll Never Walk Alone」や稲森先生が作曲された「Beau Soir」(作詞:佐野万里子)を歌われた。今年は青木弘武さんがピアノを担当された。そしてベースの藍澤栄治さんが「Farewell」をベースソロで演奏された。この稲森先生の作品は、かつて何かのリハーサル時に初めて演奏し、藍澤さんはとても気に入って、そのとき手渡されたリードシートを保管されていたという。まさしく題名のようにお別れとなってしまった。稲森先生を悼む心のこもったベース音がずっと耳に残った。
榎本さんはクリスチャンなので来場者は教会の方たちも多く、皆さんで一緒にクリスマスソングを歌うコーナーもあった。暖かで上品なコンサートだった。晩年、このような雰囲気の中で演奏できて稲森先生はお幸せだったことと思う。(茂木)


森健さんのコンサート2016/07/02 23:10

2016年7月(金)、青砥のシンフォニーホールで行われたサマーコンサートを聞いた。前半はクラシック、後半はジャズというなかなかない構成だ。まずピティナコンペティションで金賞を受賞した鳥居大輔さんの達者な演奏でショパンの革命」「幻想即興曲などを楽しんだ。続いて遣田由美子さんがクラリネットを演奏した。クラリネットが演奏するフォーレのシチリアーノやカヴァレリア・ルスティカーナの間奏曲を初めて聞いた。この楽器の音色で聞くと、甘美なメロディーからその輪郭くっきりと浮かびあがってくる。楽器が異なれば、表現の可能性も広がるものだ。

第2部は、森健(p)、木村伸広(b)、平沢清二(dr)のトリオ演奏だった。まず「Everything Happens To Me」。そして次に「シャレード」を演奏する前、森さんは稲森康利先生の思い出を話された。若き日、レッスンを受けるために緊張しながら教室への階段を上っていくと、先生が演奏する美しいピアノが聞こえてきた。ドアの前にずっとたたずんで聞きほれていたという。その曲がシャレードだった。私が先生の教室に通い始めたのも同じころだ。森さんの演奏を聴きながらぐんでしまった。1980年代後半のことだから、もう遥か昔というほかない。続いて「There Is No Greater Love」。クラリネットの遣田さんも参加して「ロシュフォールの恋人たち」。演奏曲目も稲森先生好み。続いてボーカルの渡辺美貴さんが加わり「星に願いを」「ムーンリバー」「ラヴィアンローズ」などを歌い、美しい歌声と華やかな舞台を楽しませてもらった

終演後、ロビーで森さんやベースの木村さんと少しお話しすることができた。森さんは、稲森先生からたくさんのものを得たという。そして観客を楽しませるすべも心得たジャズピアニストとなられた。このコンサートに稲森先生をお連れしたかったと思った。   茂木千加子


森健さんからのメッセージ

サマーコンサートを開きます2016/06/22 15:31

森 健(Piano):

作曲を野田暉行氏・岡坂慶紀氏に師事。

ピアノを神野明氏、ジャズを稲森康利氏に師事。

現在都心を中心にライブ活動・レコーディング・作編曲を行っている。

 ************************************************

このたび(7/1)かつしかシンフォニーヒルズ・アイリスホールにてサマーコンサートを行うことになりました。名曲を広く皆さんに聴いていただきたいという趣旨に、葛飾区教育委員会様から後援をいただき、さらにイナモリ・メソッド研究会様からご協賛をいただきましたこと、誠にうれしく、光栄に存じます。

さて、稲森先生は私の師であり、仲人もしていただき、まるで家族のように親しくしていただきました。あまりにも大きな存在であり、私の演奏法の多くの部分が稲森先生によって授けられたものです。日頃の練習時にも稲森先生の本は手放せません。ひとたびページを開くと、そこには演奏のヒントや語法、発展・展開と、まるで、音楽の宝庫が語りかけてくるかのようです。スランプの時など、何度先生の本に救われたかしれません。

稲森先生は昨年20151029日にご他界なされました。私ども弟子たちは、あまりにも大きな喪失感にみまわれ、しばらくは、ショックから立ち直れませんでした。私は「いつか、立派に演奏している自分をみてもらいたい」などという想いを抱いていた部分もありました。その「いつか」がもうおとずれない事実に目眩を感じたほどです。私は、今回コンサートで演奏を共に行うベーシスト木村伸広氏とドラマー平沢清二氏に出会い、本当に恵まれていると思っています。最高のメンバーと思っております。木村伸広氏とは何年も演奏していながら、彼が稲森先生の晩年のトリオでベースを演奏していたということを、ごく最近知りました。何という巡り合わせでしょうか。私は稲森先生が巡り合わせてくれた幸運と信じています。

今回のサマーコンサートはそういった意味でも特別なコンサートであり、稲森先生の音楽法も十分に奏でたいと思っております。 そして、これをスタートラインと考え、生き生きと楽しい演奏会になるよう努めます。どうぞ、みなさま、ともに楽しい時間をすごしましょう。よろしくお願い申し上げます。                             

                                                                                                  

◆Jazz & Classicサマーコンサート
 ジャズとクラシックの名曲が楽しめます。
 2016年7月1日(金) 開場18:30  開演19:00
 かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール(京成線青砥駅下車5分)
 入場料1,500円
 出演:渡辺美貴(vi & voc)、鳥居大輔(p)、遣田由美子(Cl)
    木村伸広(b)、平沢清二(b)、森健(p)
 主催:かつしか音楽振興ネットワーク
 後援:葛飾区教育委員会
 協賛:イナモリ・メソッド研究会

第1回リュシーメソッド発表会2016/05/14 21:03

5月14日(金)に杉並公会堂小ホールで行われた稲森訓敏先生主催のリュシーメソッド第1回演奏発表会に行ってきました。稲森訓敏先生は、故稲森康利先生の甥御さんで、イナモリ・メソッド研究会の理事も務めていただいています。

10人の方たちがピアノを演奏しました。出演者は達者にピアノを弾く方たちばかりで、その上で表現法を研究されて今日の発表会に臨まれたわけです。どなたの演奏もきちんと音楽になっていてここちよく、楽しみました。これがリュシーメソッドの威力なのでしょう。曲目はショパンが多く、ラベル、プーランク、リャードフ、モーツァルト、シューマンも。小学校3年生の女の子も演奏しましたが、ピアノも達者、演奏内容もみごとでびっくりです。タイのバンコク在住で通信指導を受けている方も録音で参加。この方はイナモリ・メソッド通信教育でジャズも勉強中です。

休憩後は、稲森訓敏先生の渾身の指揮で女声合唱組曲「遥かな歩み」を聞きました。この三唱(さぶしょう)という国立音大OGで結成された合唱団が歌うのは、高田三郎作品のみとのことです。

一言で言って「音楽っていいな」と思った演奏会でした。やはり然るべく表現されてこそ音楽なのです。リュシーメソッドは、以前、稲森訓敏先生の講座を受講してフレーズの作り方のお話しを聞きましたが、ルバートの表現に関するものもあるとのこと。各自の感覚的な処理に任されている事柄がどんなふうにメソッド化されているのか、ますます興味が湧いてきました。 

                         文:茂木千加子


リュシーメソッドホームページ
http://homepage3.nifty.com/lussy-method/


絶対音感2013/07/30 22:04

音楽に関わる人たちは、皆さん「絶対音感」に関心をお持ちのことと思います。そこで、江口式創始者である江口寿子先生師事され、教室で絶対音感を指導されている坂東仁美さん(稲森康利先生に師事してジャズピアノ研究中)に、指導経験も踏まえて紹介文を書いていただきました。江口式は、幼児教育の一環として、絶対音感の訓練と相対音感の訓練を組み合わせた方式です。

*****************
【江口式絶対音感プログラム】
絶対音感はかつては、生まれつきの才能と思われていましたが現在では訓練によって身につける事ができる幼児の才能開発の一つです。但し絶対音感を身につけるには2歳位から始めるのが理想で遅くとも6歳半迄に始めないと身につきません。人間の脳の発達期(右脳の時期)にしか身につけることはできません。これは脳科学者の方々の研究で、科学的にも証明されています。ですので残念ながら私たち大人には、どんなに頑張っても身につけることはできません。

でもがっかりしないでくださいヽ(`⌒´)ノ  大人は相対音感の練習をすれば良いのです。 大人が身につけられるとしたら、与えられたある1音を手掛かりを元にそこから比べていく、相対音感というものになります。

絶対音感の訓練にはピッチ式とクローマ式があります。
ピッチ式というのは始めから単音で入れていくため、仕上がっても単音としてのイメージが強すぎて、転調していても全く気が付かないということにもなりかねないのです。
余談ですが、昔々ピッチ式でついた人の中に、戦時中に戦闘機の音や魚雷を聴き分けるために訓練された、気の毒な絶対音感を身につけてしまった方もおられたそうです・・・。
ピッチ式の人はいつも同じピッチでないと気持ちが悪かったり、その人が訓練した時のピッチと聴いた音楽のピッチ(近頃はオケも高めですよね~)が違ったりすると演奏会に行っても気持ちが悪くて楽しめないとか・・・。また無伴奏で合唱をした時に全体にピッチが下がってくると気持ちが悪くて一緒に歌えないというような事になってしまい、持っていても不自由なものになる人もいるようです。
ただこれは調性の枠組みの理解やスケールや転調といったものの訓練をしておけば解消されるはず、ですの気持ち悪いなどと言っている人はそこまでの勉強をしなかった人ということになるのでしょう。

私がご指導している江口式(クローマ式)は始めの段階に和音でいれていきますので、その人が音楽の流れの中(たとえば(ⅠⅣⅤⅠ)で音をチョイスしていくので、とても自然に歌うように聴こえてきます。取り出す力といった方がわりやすいかもしれません。

【練習方法】
具体的には主要3和音の転回型である9個の和音と、A、D、E、B♭、E♭で計14種類の和音をお母様の弾かれるピアノの音で記憶します。お子さんは1~2歳ですので、色ハタを使います(*^-^*)ノ~~~『あか~、ちいろ~(キイロ)』という感じですね(。◕‿◕。)かわいい
そして最後にその中からチョイスしていきます。

 絶対音感のお稽古を成功させるには毎日決まった量の音と問題をピアノでお母様に弾いて頂きます。でもここが重要で育児もなさる訳ですから飽きっぽい(人間は基本そうです!)お子さんをどう練習に誘うかでみなさん苦労なさいます。ここでそうしたお子さんのコントロールがお上手なお母様や親子関係もでてまいります。私たちインストラクターはそのお母さま方にどのようなアドバイスができるかがとても重要になってまいります。

また、身につけた絶対音感はその後のケアをちゃんとしないと自然に消えてしまいます。
私のお教室ではついた絶対音感を安定させるため、単音がピアノの鍵盤の88鍵全てが正答した後に、コードネームの音当て(4和音、5和音、6和音)やスケールの音当てなどをしてさらに相対音感の練習をいたしますので子共たちはクラシックに限らず、いつの間にかジャズやポップスも楽しんで弾いています。また、耳コピーが得意なので、流行りの曲も自分で聴き取って伴奏をつけて弾いています。C管以外の管楽器をはじめる場合はなおさらです。稲森先生のジャズキッズなどは大人気で、子供たちが耳でアドリブをコピーしたり、自分のアイデアで楽しんで弾いてます。

まとめ
私は、ただ音がわかる絶対音感などは無意味だと思っております、使えてこその絶対音感です。 ついた音感はその子供た
ちが自分の足で(指ですね~)歩いて使ってこそ意味があると思います。 ここらあたりで、ソルフェージュの重要性がで
てまいりますね。

文: 坂東仁美
白金高輪ひとみ音楽教室♪
http://www.hitomi-music.com/


*************************************
さらに興味のある方はこちらもどうぞ。
絶対音感保有者の音楽的音高認知過程 1997年度~1998 年度 文部省科学研究費補助金 (基盤研究 C ) 研究成果報告書
http://www.human.niigata-u.ac.jp/~psy/miyazaki/Papers/Report1999/Report1999.html