吉開社長を悼む2016/12/30 17:42

12月15日、中央アート出版社の吉開狭手臣社長が亡くなりました。
文化的な貢献こそ出版の使命であるという強い信念を持った方でした。
その信念を持って稲森康利先生の著書をたくさん世に出してくださいました。稲森先生と吉開社長の出会いがあってこそ、我々はイナモリ・メソッドによる上質な情報を豊富に得ることができるようになったのです。
中央アート出版社が最初に出版した稲森先生の著作は「ポピュラー・ピアノ・スタディVol.1」(1982年1月)です。実はこの原稿は稲森先生が他の出版社から「ポピュラーピアノ教本を書いてほしい」という依頼を受けて執筆したものでした。40代半ばだった稲森先生は、そのころの日本にはなかった充実した内容のポピュラーピアノ教本にしようと熱意をもって執筆し、原稿の山を出版社に持ち込んだところ、担当編集者は「いやいや、こんなに厚い本ははいらないのです」といい、親指と人差し指の間をほんの少し開いて「こんなものでいいんです」といって出版を断ったそうです。そこで稲森先生は中央アートにこの原稿を持ち込みました。すると吉開社長は即座に「うちはこういうしっかりした本がほしかったのです」と言い、この山のような原稿は「ポピュラー・ピアノ・スタディVol.1」「ポピュラー・ピアノ・スタディVol.2」となりました。
それから30年、稲森康利先生の著作は多い時には年に4~5冊出た時期もあり、120冊に及ぶ著作が生まれました。ジャズ、ポピュラー音楽を学ぶ人たちが受けた恩恵は計り知れないものがあります。
吉開社長のご冥福をお祈りするとともに、そのご努力の成果が実りある形で引き継がれていくように、会員の皆様とともに力を尽くしていきたいと思います。
(茂木千加子)

榎本玲子 My Favorite Songs 20162016/12/10 16:33

毎年クリスマスシーズンに行われる榎本玲子リサイタル(メゾソプラノ)が、今年も12月3日に行われた。このリサイタルは私が知る限り、もう25年以上にわたりほとんど休むことなく開催されている。1部はクラシック、2部はジャズという構成で、稲森康利先生は毎年、ベースの藍澤栄治さんと一緒にジャズピアノを演奏されてきたが、一昨年(2014年)が最後のご出演となった。今年の会場「カーサミア」は、成城のお屋敷の一部を開放した50席ほどの小さなホールで、スタインウェイがあり音響にも配慮されている。
1部は榎本さんによるカルメンのセギディリャ、カヴァレリア・ルスティカーナのアヴェ・マリアなど(ピアノ伴奏:服部容子)のほか、バイオリンやオーボエ(三原隆正)の演奏もあった。甲斐史子(Vi)さんは「チャルダシュ」演奏された。甲斐さんの「チャルダシュ」が稲森先生はお気に入りだったという。
2部では榎本さんが稲森先生がお好きだった「You’ll Never Walk Alone」や稲森先生が作曲された「Beau Soir」(作詞:佐野万里子)を歌われた。今年は青木弘武さんがピアノを担当された。そしてベースの藍澤栄治さんが「Farewell」をベースソロで演奏された。この稲森先生の作品は、かつて何かのリハーサル時に初めて演奏し、藍澤さんはとても気に入って、そのとき手渡されたリードシートを保管されていたという。まさしく題名のようにお別れとなってしまった。稲森先生を悼む心のこもったベース音がずっと耳に残った。
榎本さんはクリスチャンなので来場者は教会の方たちも多く、皆さんで一緒にクリスマスソングを歌うコーナーもあった。暖かで上品なコンサートだった。晩年、このような雰囲気の中で演奏できて稲森先生はお幸せだったことと思う。(茂木)


稲森康利先生を偲んで2016/10/12 20:35

稲森康利先生が亡くなって早くも一年、10月29日は先生の一周忌です。
稲森音楽教室におけるご指導は35年以上にわたり、
多くの音楽家が巣立ち、活躍されています。
以下は、最近のメールやブログに寄せられた先生を偲ぶメッセージです。
稲森先生の著作は、執筆から20年。30年、40年を経ても、弟子たちに
先生の音楽を伝え続けていると改めて感じます。

*********************
☆森田 遊(平塚市 作曲家・ピアニスト
稲森康利先生が昨年10月に亡くなってた。
ショックだった
もう一度逢いたかった
先生に御礼が言いたかった
今の俺があるのは かろうじて ピアノの仕事が出きるのは 稲森先生のお陰です
本当にありがとうございましたと……………

私は よく可愛がってもらい
レッスン後 ご飯食べに連れていってくれたし パチンコもし

先生のアレンジした譜面弾く時は 先生の事を思い出しながら
今は 大事に大事にピアノを弾かせてもらっている
先生の魂がこもった音楽を弾く度に
今は 先生の茶目っ気たっぷりな
そして真剣な眼差しが 思い浮かんでしょうがない…
稲森康利先生 本当にお世話になりました
先生の事を思い出しながら ピアノをこれからいつも弾いて行きます。
http://ameblo.jp/moritayou/entry-12125190037.html
*********************

 

☆木下有子(藤沢市 ジャズ・ピアニスト/オルガニスト アレンジャー)
最近先生の訃報を知り、大変驚いた次第です。
子育てでしばらくブランクがありながらも
今はまた指導、演奏活動の日々を送っています。

いろいろなアレンジ出版物はありますが、
ハーモニーなどの音楽的センスのしっくりくるものは
なかなかなく、私の音楽のベースには、東京に出てきて
先生に教わった数々の事柄が今もしっかり根付いています。

最近は、ジャズ・ピアノやポピュラー・ピアノを楽しみ、
街のセッションに出てみたい!自分のライブをしたい!という方が
多くレッスンに来られます。
ご自分でアレンジや即興ができるようになる前に、
まずは『良質の音楽』に触れていただき、そこからご自分の音楽が
広がるためのお手伝いができれば・・と思い、
先生の数々の著作物を弾いてもらっています。
*********************

 

☆森 健(葛飾区 ジャズピアニスト)
稲森先生は私の師であり、仲人もしていただき、
まるで家族のように親しくしていただきました。
あまりにも大きな存在であり、私の演奏法の多くの部分が
稲森先生によって授けられたものです。
日頃の練習時にも稲森先生の本は手放せません。
ひとたびページを開くと、そこには演奏のヒントや語法、発展・展開と、
まるで、音楽の宝庫が語りかけてくるかのようです。
スランプの時など、何度先生の本に救われたかしれません。
http://inamorimethod.asablo.jp/blog/2016/06/22/8116962
*********************


これ以前の追悼メッセージ


森健さんのコンサート2016/07/02 23:10

2016年7月(金)、青砥のシンフォニーホールで行われたサマーコンサートを聞いた。前半はクラシック、後半はジャズというなかなかない構成だ。まずピティナコンペティションで金賞を受賞した鳥居大輔さんの達者な演奏でショパンの革命」「幻想即興曲などを楽しんだ。続いて遣田由美子さんがクラリネットを演奏した。クラリネットが演奏するフォーレのシチリアーノやカヴァレリア・ルスティカーナの間奏曲を初めて聞いた。この楽器の音色で聞くと、甘美なメロディーからその輪郭くっきりと浮かびあがってくる。楽器が異なれば、表現の可能性も広がるものだ。

第2部は、森健(p)、木村伸広(b)、平沢清二(dr)のトリオ演奏だった。まず「Everything Happens To Me」。そして次に「シャレード」を演奏する前、森さんは稲森康利先生の思い出を話された。若き日、レッスンを受けるために緊張しながら教室への階段を上っていくと、先生が演奏する美しいピアノが聞こえてきた。ドアの前にずっとたたずんで聞きほれていたという。その曲がシャレードだった。私が先生の教室に通い始めたのも同じころだ。森さんの演奏を聴きながらぐんでしまった。1980年代後半のことだから、もう遥か昔というほかない。続いて「There Is No Greater Love」。クラリネットの遣田さんも参加して「ロシュフォールの恋人たち」。演奏曲目も稲森先生好み。続いてボーカルの渡辺美貴さんが加わり「星に願いを」「ムーンリバー」「ラヴィアンローズ」などを歌い、美しい歌声と華やかな舞台を楽しませてもらった

終演後、ロビーで森さんやベースの木村さんと少しお話しすることができた。森さんは、稲森先生からたくさんのものを得たという。そして観客を楽しませるすべも心得たジャズピアニストとなられた。このコンサートに稲森先生をお連れしたかったと思った。   茂木千加子


森健さんからのメッセージ

サマーコンサートを開きます2016/06/22 15:31

森 健(Piano):

作曲を野田暉行氏・岡坂慶紀氏に師事。

ピアノを神野明氏、ジャズを稲森康利氏に師事。

現在都心を中心にライブ活動・レコーディング・作編曲を行っている。

 ************************************************

このたび(7/1)かつしかシンフォニーヒルズ・アイリスホールにてサマーコンサートを行うことになりました。名曲を広く皆さんに聴いていただきたいという趣旨に、葛飾区教育委員会様から後援をいただき、さらにイナモリ・メソッド研究会様からご協賛をいただきましたこと、誠にうれしく、光栄に存じます。

さて、稲森先生は私の師であり、仲人もしていただき、まるで家族のように親しくしていただきました。あまりにも大きな存在であり、私の演奏法の多くの部分が稲森先生によって授けられたものです。日頃の練習時にも稲森先生の本は手放せません。ひとたびページを開くと、そこには演奏のヒントや語法、発展・展開と、まるで、音楽の宝庫が語りかけてくるかのようです。スランプの時など、何度先生の本に救われたかしれません。

稲森先生は昨年20151029日にご他界なされました。私ども弟子たちは、あまりにも大きな喪失感にみまわれ、しばらくは、ショックから立ち直れませんでした。私は「いつか、立派に演奏している自分をみてもらいたい」などという想いを抱いていた部分もありました。その「いつか」がもうおとずれない事実に目眩を感じたほどです。私は、今回コンサートで演奏を共に行うベーシスト木村伸広氏とドラマー平沢清二氏に出会い、本当に恵まれていると思っています。最高のメンバーと思っております。木村伸広氏とは何年も演奏していながら、彼が稲森先生の晩年のトリオでベースを演奏していたということを、ごく最近知りました。何という巡り合わせでしょうか。私は稲森先生が巡り合わせてくれた幸運と信じています。

今回のサマーコンサートはそういった意味でも特別なコンサートであり、稲森先生の音楽法も十分に奏でたいと思っております。 そして、これをスタートラインと考え、生き生きと楽しい演奏会になるよう努めます。どうぞ、みなさま、ともに楽しい時間をすごしましょう。よろしくお願い申し上げます。                             

                                                                                                  

◆Jazz & Classicサマーコンサート
 ジャズとクラシックの名曲が楽しめます。
 2016年7月1日(金) 開場18:30  開演19:00
 かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール(京成線青砥駅下車5分)
 入場料1,500円
 出演:渡辺美貴(vi & voc)、鳥居大輔(p)、遣田由美子(Cl)
    木村伸広(b)、平沢清二(b)、森健(p)
 主催:かつしか音楽振興ネットワーク
 後援:葛飾区教育委員会
 協賛:イナモリ・メソッド研究会