ジャズ理論講座・中級 第2回2015/05/05 12:55

ジャズ理論講座・中級 第2回                 2015.4.27開催 
Step6 1.即興演奏の基礎知識と練習~2.即興演奏の第1歩

今回の講座は、前回に引き続き「1.即興演奏の基礎知識と練習」からスケールについて学び、「2.即興演奏の第1歩」に入ったところで終了しました。

まず最初は、Major ScaleNatural Minor Scale、Chromatic ScaleWhole Tone Scale、DorianLydian7thなどのスケール練習。次に3度や4度音程の飛躍を含むパターン練習で、4度音程の練習はもうそのままフレーズとして使えそうです。そして各種コードのアルペジオの練習です。
稲森先生は、Improivisation Workshopシリーズなどでジャズフレーズを覚えることと、こういった地道な訓練と両方を行う必要があるとおっしゃいました。しかしこういう機械的な練習はつい敬遠したくなります。その場合はエバーソルドのマイナス・ワン・シリーズVol.1を使い、すばらしいリズムセクションと一緒に練習するのもよいのではないでしょうか。ただしVol.1はDorian、Mixoの練習が中心です。
因みに、バックのピアノ演奏を採譜した楽譜も出版されていて、これはモードのコンピングの勉強に役立ちます。(茂木)

エバーソルドのマイナス・ワン・シリーズについては研究会にお問合せください。

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://inamorimethod.asablo.jp/blog/2015/05/05/7627444/tb