榎本玲子 My Favorite Songs 20162016/12/10 16:33

毎年クリスマスシーズンに行われる榎本玲子リサイタル(メゾソプラノ)が、今年も12月3日に行われた。このリサイタルは私が知る限り、もう25年以上にわたりほとんど休むことなく開催されている。1部はクラシック、2部はジャズという構成で、稲森康利先生は毎年、ベースの藍澤栄治さんと一緒にジャズピアノを演奏されてきたが、一昨年(2014年)が最後のご出演となった。今年の会場「カーサミア」は、成城のお屋敷の一部を開放した50席ほどの小さなホールで、スタインウェイがあり音響にも配慮されている。
1部は榎本さんによるカルメンのセギディリャ、カヴァレリア・ルスティカーナのアヴェ・マリアなど(ピアノ伴奏:服部容子)のほか、バイオリンやオーボエ(三原隆正)の演奏もあった。甲斐史子(Vi)さんは「チャルダシュ」演奏された。甲斐さんの「チャルダシュ」が稲森先生はお気に入りだったという。
2部では榎本さんが稲森先生がお好きだった「You’ll Never Walk Alone」や稲森先生が作曲された「Beau Soir」(作詞:佐野万里子)を歌われた。今年は青木弘武さんがピアノを担当された。そしてベースの藍澤栄治さんが「Farewell」をベースソロで演奏された。この稲森先生の作品は、かつて何かのリハーサル時に初めて演奏し、藍澤さんはとても気に入って、そのとき手渡されたリードシートを保管されていたという。まさしく題名のようにお別れとなってしまった。稲森先生を悼む心のこもったベース音がずっと耳に残った。
榎本さんはクリスチャンなので来場者は教会の方たちも多く、皆さんで一緒にクリスマスソングを歌うコーナーもあった。暖かで上品なコンサートだった。晩年、このような雰囲気の中で演奏できて稲森先生はお幸せだったことと思う。(茂木)


コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://inamorimethod.asablo.jp/blog/2016/12/10/8443012/tb